腰痛

腰痛の原因には腰椎椎間板ヘルニア腰椎椎間板症など椎間板変性によるものがあります。
これには投薬だけでなく、物理療法の重要性があり、リハビリの効果も大いに期待されます。

また、中高齢者に多い腰部脊柱管狭窄症によるものがあり、坐骨神経痛や間欠性跛行(少し歩くとだるくて歩けなくなるが、休むとまた歩ける)が合併することが多いようです。
これには投薬が重要で、リハビリやコルセットなどの固定も重要です。
さらに効果がない場合、神経ブロック注射(軽い順に、仙骨硬膜外ブロック、腰部硬膜外ブロック、神経根ブロック)による効果が期待されます。

腰椎椎間板ヘルニアは、最近では最小侵襲での治療が可能であり、適応範囲内であれば、内視鏡での治療やそれに準ずる治療ができ、場合によっては、日帰り手術も可能です。

このページの先頭へ